家族葬の流れと注意点

subpage01

列席者に気を使う必要がなく、身内だけで故人をお見送りする家族葬が広まりを見せています。

しかし従来の葬式と手順や流れが違うこともあるの戸惑う方も少なくありません。家族葬にすると故人と取り決めをしていても手順を誤ったために思うような葬儀ができなかったというケースもあるのです。

ここでは家族葬の流れと注意する点についてご紹介します。家族が亡くなり家族葬を選択することが決まった場合、まずしなければならないのが葬儀にお呼びする方をリストアップする作業です。家族だけでなく故人と特別親しかった方も葬儀に参列することはできますが、誰を呼ぶのかの判断が家族内でも異なる場合もあります。
親族や知人に亡くなったことを先に報告してしまうと先方が葬儀に出席するつもりで支度を始めてしまうこともありますので、身内でよく話しあって参列者を決めてから連絡をするようにします。
次に遺体の安置ですが、自宅に置いておくとご近所の方に知られる場合があります。


ご近所の方にも亡くなったことを伏せておきたい場合には葬儀会社の安置所などを利用するのがよいでしょう。



葬儀会社との打ち合わせによって葬儀の日程が決まったら、ある程度近しい方々に訃報の連絡をします。


その際に必ず故人の意志で家族葬にすること、香典や供花などをお断りすることをお知らせします。



また四十九日法要後や年末の喪中はがきなどのタイミングで近親者のみで無事にお見送りを終えた旨を知らせましょう。

葬儀に参列しなかった方の中には自宅やお墓でお線香をあげたいと考える方もいます。その場合にはそのご好意に感謝して丁寧に応対し、一緒に故人を偲びましょう。
香典を持ってこられた場合に備え、香典返しを用意しておくことをおすすめします。