新しい葬儀の形 家族葬

subpage01

家族葬とは平成に入ってから使われるようになった比較的新しい言葉で、明確な定義があるものではありません。
交流の深い近所づきあいが減ったり、核家族化で親戚関係が密でなくなったり、長寿化で亡くなる人の友人などがすでにいなかったりすることが増えて、選ばれるようになってきたといえる葬儀の形です。


一般的には、故人の家族と親しい親族のみでおこなう葬儀で、ごく親しい友人などが参列することもあります。
身内だけで執り行われるので、しきたりにとらわれたりせず、形式など自由度の高い選択が可能です。



家族葬は小規模の葬儀になることが多く、通夜式や初七日法要などを告別式と一緒に済ませたり、あらたまった挨拶を省いたりするケースも少なくありません。
宗教的な儀式にこだわらないスタイルの葬儀をすることも可能です。また、気心の知れた人のみの集まりでもあり、故人の好きだった音楽を流したり、好きだったものを飾ったりして、あたたかい雰囲気の葬儀ができることが特徴です。



家族葬は、内輪の小さな葬儀ではあっても、それだけで完結するので、後に大規模な本葬をおこなうことはありません。


そのため、故人が亡くなったことを家族以外が知らないということが起きやすくなります。


家族以外のお世話になった方やお付き合いのあった方への知らせ方も工夫が必要で、葬儀前でも葬儀後でも失礼のないように、家族葬をおこなう・おこなったという連絡をすることを忘れてはいけません。