家族葬に弔問する場合

subpage01

家族葬はその名の通り、家族などの近親者で行う葬儀のことですから、遺族でない限りは出席する機会はそうそう無いでしょう。


しかし、故人とごく親しい間柄であった場合などは、遺族にどうしても来てほしいと招かれるケースもあります。


家族葬に身内以外が招かれることはあまりありません。


ですから、参加する場合のマナーなどは本来気にしなくてもよいのですが、だからこそもしもの時は戸惑うでしょうから、一度確認しておいた方が良いでしょう。



家族葬というと、コンパクトな葬儀というイメージから、儀式も簡略化されていると思う方も多いのですが、実際にはそんなことはありません。

特に仏式で行う場合には、一般葬と手順は変わりません。

弔問客のマナーも、一般葬の場合と同様です。くれぐれもラフな服装で弔問したりせず、正式な礼服を着用してください。



数珠もきちんと用意して行きましょう。


家族葬では返礼品が必要な贈り物のやりとりは省略するケースが多く、遺族によっては香典を遠慮することもあります。
しかし、その場合は葬儀に招待された時に連絡があるはずですので、勝手に解釈して香典を持って行かないなどということはしないでください。

ここまでは、葬儀に招かれた場合についての話でしたが、招かれなかったけれど、故人と親しかったのでどうしても弔意を伝えたいという場合についてお話します。結論から言って、招かれていないならば弔問は遠慮しましょう。



それでもどうしてもというなら、直接行くのではなく、弔電を送るといいでしょう。