家族葬での服装について

subpage1

今急速に広まってきている家族葬ってご存知ですか。

従来の葬儀と違って、家族や近しいもののみで執り行われるこじんまりとした葬儀です。



参列者対応に追われることなくゆっくりと故人とお別れすることができます。
最近は年取ってから亡くなることや昔と違ってご近所づきあいも気薄になっていることから、会社関係者や近所の人・親戚関係などわざわざ呼ぶ必要もないのです。
葬儀会場も小さくてよく飲食物の準備もそれほど必要なので経費もかかりません。ただ参列者が少ない分、香典も少なくなるので決して費用の面ではお得とは言い切れませんが。

そんな家族葬、遺族から参列をお願いされたときにのみ参列するようにしてください。
近しいものだけでお別れしたいと願っているのですから、勝手に押しかけるのはマナー違反です。



参列者メンバーに入れてもらえばときはどうすればいいのでしょう。家族葬の場合、来ているのは普段からお付き合いのある仲のいい方たちばかりです。
とはいえ、やはり葬儀の場です。

服装は普段着やただの黒スーツではなく、きちんと喪服を着るようにしましょう。
黒い靴下やネクタイ・黒靴なども一般的葬儀でのマナーとまったく同じです。

本来では受付で述べるお悔やみの言葉。
人数が少ないため受付自体きちんと設けていないこともあるでしょう。

その場合は遺族に対してお悔やみの言葉をかけるようにしましょう。

忌み言葉を避けなければなりません。香典については辞退される場合もあります。
親しき仲にも礼儀あり。



社会人としてきちんとした態度で葬儀にのぞんでください。

生活をよく学ぶ

subpage2

家族葬はその名の通り、家族などの近親者で行う葬儀のことですから、遺族でない限りは出席する機会はそうそう無いでしょう。しかし、故人とごく親しい間柄であった場合などは、遺族にどうしても来てほしいと招かれるケースもあります。...

next

生活コラム

subpage3

列席者に気を使う必要がなく、身内だけで故人をお見送りする家族葬が広まりを見せています。しかし従来の葬式と手順や流れが違うこともあるの戸惑う方も少なくありません。...

next

対策方法

subpage4

家族葬は、親族などの身内だけで行う葬儀です。ごく親しい人間だけで故人と別れの時間が持てるということで、最近、増えている葬儀の形式です。...

next

生活のテクニック

subpage5

家族葬とは平成に入ってから使われるようになった比較的新しい言葉で、明確な定義があるものではありません。交流の深い近所づきあいが減ったり、核家族化で親戚関係が密でなくなったり、長寿化で亡くなる人の友人などがすでにいなかったりすることが増えて、選ばれるようになってきたといえる葬儀の形です。...

next